サイトマップ | プライバシーポリシー | 著作権・免責事項 | お問い合せ | English Site

トップページ学会紹介委員会刊行物会員サービスリンク
学会誌「応用地質」のバックナンバーはこちらから

ニューズリストの登録はこちらから

CPDの取得情報はこちらから

目的

人権の尊重の観点から、性別、年齢、所属等に関わらず、多様な人材が活躍可能な学会を実現し、以て、学問の健全性を担保するとともに、学会および学問の活性化と持続的な発展に寄与することを目的としています。

主な対象範囲

日本応用地質学会の会員の7割以上が50代以上の男性会員に偏っている現状を鑑み、マイノリティである女性や若手等を主な対象とします。

目標

会員が以下を実現可能な場と機会を提供します。
   ・自らの技術的な指向や方向性を自覚できる
   ・自己研鑽ができる
   ・自己研鑽により得た能力を発揮して活躍するとともに、社会貢献ができる

構成メンバー

委員長

和田(工藤)里絵(応用地質)

委員

伊藤 久敏[副会長](電力中央研究所)、岡村(小野)明日香[事業企画](応用地質)、小俣 雅志[応用地質学教育普及](パスコ)、蚊爪 康典[総務](応用地質)、北田 奈緒子[関西支部](地域地盤環境研究所)、木方 建造[将来構想特別](川崎地質)、清ア 淳子[環境地質・社会貢献と魅力発信](クロスエンジニアリング)、清水 公二[副会長](ニュージェック)、野原 慎太郎[日本地下水学会YEPS委員会](電力中央研究所)、原 弘(JR東コンサルタンツ)、向山 栄(国際航業)、山下 久美子[国際](国際航業)、山根 真帆(ニュージェック)、喜 里美(JR東日本コンサルタンツ)

委員会の活動内容

(1)委員会の活動頻度

・年6回程度
・3〜5年の活動により、特別委員会として、応用地質学分野および応用地質学会におけるダイバーシティ推進の在り方について答申します。

(2)活動内容

1) アース・サロンなどダイバーシティ推進のための会員交流の場の創出、イベントの実施
2)会員向けのダイバーシティ啓蒙啓発活動
3) 若手、女性等マイノリティの学会参加促進
4) 学問分野全体へのダイバーシティ浸透のための、他学会連携、広報活動等
5) その他(次世代育成等)

準備会としての活動状況(アース・サロン)

関連学会