サイトマップ | プライバシーポリシー | 著作権・免責事項 | お問い合せ | English Site

トップページ学会紹介委員会刊行物会員サービスリンク
学会誌「応用地質」のバックナンバーはこちらから

ニューズリストの登録はこちらから

CPDの取得情報はこちらから

概要

総務委員会は、学会の全体的な調整、事務・予算・会員管理など、幅広い内容をカバーしています。構成メンバーは産官(学)から幅広く集まっており、本部委員と各常置委員会、各支部からの委員で構成されています。委員会はほぼ毎月開催しており懸案事項が滞ることのないように心がけています。各支部で開催する支部の代表者を交えた拡大総務委員会は1回/年開催し、支部との連携を図っています。

構成メンバー:令和元年度

委員長

清水公二(ニュージェック)

副委員長

蚊爪康典(応用地質)

委員

神ア裕(幹事、中央開発)、濱田崇臣(電力中央研究所)、福井謙三〔選挙管理委員会〕(基礎地盤コンサルタンツ)、三好壮一郎〔広報・情報委員会〕(国際航業)、外山 真〔編集委員会〕(鉄道総合技術研究所)、笠博義〔研究企画委員会〕(安藤ハザマ)、長谷川淳〔事業企画委員会〕(鉄道総合技術研究所)、菊地輝行〔国際委員会〕(開発設計コンサルタント)、情野 隆〔応用地質学教育普及委員会〕(日本工営)、安元和己〔北海道支部〕(ドーコン)、新田雅樹〔東北支部〕(応用地質)、平野吉彦〔北陸支部〕(キタック)、尾方伸久〔中部支部〕(日本原子力研究開発機構)、小野尚哉〔関西支部〕(国際航業)、木村隆行〔中四支部〕(エイト日本技術開発)、撰田克哉〔九州支部〕(日本地研)

最近の活動状況:令和元年〜2年度の活動状況

(1)委員会の開催状況

10回開催(令和2年3月まで)

(2)活動状況

※2020年6月更新予定(表示内容は令和元年度)
1)令和元年度定時社員総会の開催(6月21日,東京大学柏キャンパス)
2)堅実な財政運営と今後の収支改善策に向けた委員会,研究部会,支部との連携強化
3)事務局の合理的な管理・運営,在庫書籍類の整理
4)理事会・総会等会議の運営を主導
5)学会員へのサービス提供体制,社会的認知度向上のための学会内連携体制の整備を推進
6)各支部及び各委員会に跨る業務の調整
7)他学協会との関係の調整と対応
8)災害時対応及び外部からの要請に関する体制整備について検討
9)その他学会の社会的認知度を高めるための方策を検討
10)令和2年度定時社員総会準備

委員会活動記録

  • 令和元年度第1回(平成31年4月11日)
  • 令和元年度第2回(令和元年5月17日)
  • 令和元年度第3回(令和元年6月13日)
  • 令和元年度第4回(令和元年7月12日)拡大総務委員会(中部支部:名古屋)
  • 令和元年度第5回(令和元年9月11日)
  • 令和元年度第6回(令和元年10月17日)
  • 令和元年度第7回(令和元年11月11日)
  • 令和元年度第8回(令和元年12月12日)
  • 令和元年度第9回(令和2年1月16日)
  • 令和元年度第10回(令和2年2月13日)
  • 令和2年度第1回(令和2年4月13日)メール審議