サイトマップ | プライバシーポリシー | 著作権・免責事項 | お問い合せ | English Site

トップページ学会紹介委員会刊行物会員サービスリンク
学会誌「応用地質」のバックナンバーはこちらから

ニューズリストの登録はこちらから

CPDの取得情報はこちらから

令和2年度 日本応用地質学会 研究発表会

令和2年度研究発表会(名古屋)の現地開催中止のお知らせ
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け,名古屋国際会議場での開催を予定していた令和2年度研究発表会は,現地での開催を中止することといたしました.当学会としては可能な限り現地での開催を目指しておりましたが,新型コロナウイルスの新規感染者が7月に入り急増したことから,参加される皆様の安全を確保しての開催は困難であると判断いたしました.
 これにともない,事業企画委員会では研究発表会のWEB開催の可能性ついて検討しており,9月上旬までには開催可否を決定する予定です.詳細が決まりましたら学会ホームページ,ニューズリスト(NL)で会員の皆様にご案内いたします.なお,研究発表会のWEB開催ができなかった場合でも,投稿していただいた講演論文については発表されたものとみなし,冊子版の講演論文集を作成して後日販売いたします.
 すでに講演論文をご投稿いただいた皆様には,研究発表会の開催方針が早期に定まらず,多大なるご心配をおかけしていることと存じます.皆様の発表の場を確保すべく善処いたしますので,ご理解,ご協力のほど,よろしくお願い申し上げます.

開催日

令和2年10月1日(木),2日(金) 研究発表会 

協賛

一般社団法人 全国地質調査業協会連合会
一般社団法人 中部地質調査業協会
中部土質試験協同組合

後援(予定)

公益社団法人 地盤工学会 中部支部
一般社団法人 日本地質学会 中部支部

参加費等(予定)

 検討中

参加申し込み

 事前の参加登録を実施します.9月上旬に学会ウェブページに専用の参加登録フォームを設けますので,講演者・一般参加者の皆様は登録をお願いします.

最新情報

2020.8.13
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け,名古屋国際会議場での開催を予定していた令和2年度研究発表会は,現地での開催を中止することといたしました.これにともない,事業企画委員会では研究発表会のWEB開催の可能性ついて検討しており,9月上旬までには開催可否を決定する予定です.詳細が決まりましたら学会ホームページ,ニューズリスト(NL)で会員の皆様にご案内いたします.なお,研究発表会のWEB開催ができなかった場合でも,投稿していただいた講演論文については発表されたものとみなし,冊子版の講演論文集を作成して後日販売いたします.

2020.6.9
 研究発表会の運営の効率化のため,今年度の研究発表会より講演論文集のペーパーレス化および事前の参加登録と登録料の事前支払いを実施する予定でしたが,今年度の実施を見送り昨年同様の方式といたします.
 詳細は,今年度の研究発表会についてをご参照ください.

2020.2.26
 令和2年度研究発表会の日程を掲載いたしました.

プログラム

【第1日目】10月1日(木)

日程 時間 第1会場 第2会場 ポスターセッション
(会議室234)
午前 10:00
〜10:45
社会貢献
座長:野々村敦子(香川大学)
地層処分
座長:濱田 藍(電力中央研究所)
11:00
〜12:10
開会式・特別講演
昼休み
午後 13:10
〜14:10
ポスターセッションコアタイム
14:10
〜15:40
地形地質一般1
座長:太田岳洋(山口大学)
特別セッション:2019年台風19号災害調査団報告1
座長:稲垣秀輝(環境地質)/田村浩行(応用地質)
ポスター展示
15:50
〜17:20
地形地質一般2
座長:小嶋 智(岐阜大学)
特別セッション:2019年台風19号災害調査団報告2
座長:向山栄(国際航業)/中曽根茂樹(日本工営)
17:30
〜18:30
ポスターセッションコアタイム

【第2日目】10月2日(金)

日程 時間 第1会場
第2会場
ポスターセッション
(会議室234)
午前 9:15
〜10:30
地下水・環境地質
座長:吉田英一(名古屋大学)
測量計測
座長:藤井幸泰(名城大学)
ポスター展示
10:40
〜12:10
土木地質1
座長:奥澤康一(大林組)
災害地質1
座長:山崎秀策(寒地土木研究所)
昼休み
午後 13:10
〜14:40
土木地質2
座長:熱田真一(アサノ大成基礎)
災害地質2
座長:古木宏和(日本工営)
ポスター展示
14:50
〜16:05
土木地質3
座長:中谷匡志(安藤ハザマ)
災害地質3
座長:赤澤正彦(鉄道・運輸機構)

特別講演

特別講演:「南海トラフ地震に関する最新の知見」
講演者:山岡 耕春 名古屋大学大学院環境学研究科 教授 (副研究科長)
内 容:南海トラフ沿いでは,平均100−150年間隔で地震が起きています.南海トラフ地震に関する知見は21世紀に入ってから飛躍的に進歩しています.それは,地震が起きていない時期に起きている現象が見えてきたからです.南海トラフについてどこまでわかってきたかをご講演いただきます.

見学会

見学会は中止とさせていただきます

アース・サロン

 令和2年9月30日(水曜日:研究発表会前夜)に栄ガスビル栄ガスホールにて開催を予定しておりました第5回アース・サロンは、参加者、関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果、中止とさせていただきます。楽しみにしてくださっていた皆様には、ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
 ご理解のほど、何卒よろしくお願いいたします。

 ダイバーシティ推進特別委員会では、新型コロナウィルスの感染対策を施した、新しい形での意見交換と人脈形成の場のありようを検討し、実施する予定です。詳細は決定次第、ご案内させていただきます。また、前回までのサロンの様子については,ダイバーシティ推進準備会のページ<http://www.jseg.or.jp/02-committee/diversity.html>をご参照ください.

特別セッション

特別セッションの募集について

特別セッションの募集は締め切りました.

【重要】 論文の投稿について

 論文の提出は締め切りました.未提出の方は日本応用地質学会事務局までご連絡ください。

問い合わせ先

日本応用地質学会事務局
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-3-14 お茶の水桜井ビル 7F
 一般社団法人日本応用地質学会
 TEL:03-3259-8232 FAX:03-3259-8233 E-mail:office@jseg.or.jp