サイトマップ | プライバシーポリシー | 著作権・免責事項 | お問い合せ | English Site

トップページ学会紹介委員会刊行物会員サービスリンク
学会誌「応用地質」のバックナンバーはこちらから

ニューズリストの登録はこちらから

CPDの取得情報はこちらから

概要

国際委員会は、日本応用地質学会における国際的な交流や会議などに関する活動を行うとともに、国際応用地質学会(IAEG:The International Association of Engineering Geology and the Environment)の日本ナショナルグループ(IAEG Japan National Group)の運営委員会を兼務している委員会です。

構成メンバー

委員長

伊藤久敏(電力中央研究所)

副委員長

菊地輝行(開発設計コンサルタント)

幹事

山田大介(国際航業)

委員

越谷賢(サンコーコンサルタント)、伝法谷宣洋(電源開発)、徳楠充宏(ニュージェック)、林浩幸(応用地質)、
水野直弥(建設技術研究所)、百瀬泰(日本工営)、山下久美子(国際航業)、横尾文彦(OYOインターナショナル)

委員会活動記録

海外調査団の派遣

海外調査団の派遣

年度 主要訪問国 参加会議 見学箇所等
15 2014.9 イタリア、フランス 第12回IAEG会議 マルパッセダム、バイオントダム等
14 2010.9 ニュージーランド 第11回IAEG会議 -
13 2006.9 イギリス南部 第10回IAEG会議 ドーバー海峡のチョーク層
12 2004.8 イタリア、フランス 第32回IGC アルプスの地質とシャモニー
11 2002.9 南アフリカ 第9回IAEG会議 ケープタウン、キンバリー鉱山
10 2000.8 ブラジル、ペルー 第31回IGC イグアス滝、マチュピチュ遺跡
9 1999.10 ネパール 第2回アジアシンポ ヒマラヤの地質とトレッキング
8 1998.9 カナダ、アメリカ 第8回IAEG会議 セントへレンズ火山、イエローストーン
7 1997.6 ギリシャ、トルコ アナトリア断層
6 1996.7 中国 第30回IGC 三峡
5 1995.6 英国、アイスランド 英国の地質、アイスランドのギャオ
4 1994.9 ポルトガル、アフリカ 第7回IAEG会議 ケニアの地溝帯
3 1993 フランス、スペイン 危険廃棄物シンポ ピレネー山脈の地質とダム
2 1992.10 スエーデン、フランス ゴトランド島、ユーロトンネル
1 1991.5 フランス、イタリア ヨーロッパのダム

アジアシンポジウムの開催・参加

年度 開催国 開催地 日本人参加数 主要テーマ
10 2015 JAPAN Kyoto(京都) 地盤災害と応用地質学
9 2013 CHINA Beijing(北京) 応用地質学と環境の全世界的考察
8 2011 INDIA Bangalore 0 地下空間技術
7 2009 CHINA Chengdu(成都) 12 大規模開発における地質工学
6 2007 KOREA Seoul(ソウル) 43 自然災害と地質工学
5 2005 NEPAL Kathmandu 0 社会資本と自然災害に係る地質工学
4 2004 HONGKONG 香港 12 山岳地域の維持開発に係る地質工学
3 2001 INDONESIA Yogyakarta 18 熱帯地域の資源管理
2 1999 MALAYSIA Kuala Lumpur 15 地質工学と環境
1 1997 JAPAN 東京 多数 ダム地質

出版物

以下の出版物について購入を希望される方は、学会事務局までお問い合わせ下さい。

出版物名 会員価格 非会員価格
Engineering Geology of Dams in Japan (1992) \1,000 \1,500
Rock Mass Classification in Japan (1992):在庫なし - -

学会事務局連絡先
電話・FAX: 03-3259-8232・ 03-3259-8233
E-MAIL:office@jseg.or.jp

 

概要

正式名:The International Association of Engineering Geology and the Environment
略号:IAEG

IAEGの上部組織は、International Union of Geological Science(IUGS)、国際地質科学連合で、その主な目的は応用地質学に関する国際学会で、応用地質学の進歩、技術向上、研究を促進、奨励し、世界中の活動の成果を収集し評価して普及させる。また、各国の応用地質学グループの協同を促し会議やシンポジュームを行うほか、他学会との相互交流を行うことを目的として1964年に設立されました。
 主要な加盟国は55カ国、フランス、イギリス、アメリカ、日本、ポルトガル、オーストラリア、イタリア、中国、カナダ、ドイツ、現在の会員数は約3,500名、日本の会員数は2017年4月1日現在88名となっています。
 IAEGの大会は4年ごとに開催され、第12回大会は2014年にイタリアのトリノで開催され、次回の第13回は2018年にアメリカのサンフランシスコでの開催が決まっています。また、役員会と各国メンバーによる総会は毎年開催されます。

IAEGのホームページはこちら

役員

現在の会長は、Prof. Scott F. Burns氏(アメリカ)
事務局長 Prof. Wu Faquan(中国)

 また、各地区の副会長は現在以下の方々となっています。

アジア地区
Mr. Yogendra Deva(インド)
アフリカ地区
Prof. Louis van Rooy(南アフリカ)
北アメリカ地区
Dr. Jeffrey R Keaton(アメリカ)
南アメリカ地区
Dr. Maria Heloisa Barros de Oliveira Frasca(ブラジル)
北ヨーロッパ地区
Prof. Rafig Azzam(ドイツ)
南ヨーロッパ地区
Dr. Giorgio LOLLINO(イタリア)
オーストララシア地区
Mr. Mark Eggres(オーストラリア)

 これらの会長、事務局長、副会長の任期は4年間で、 2018年にアメリカ、サンフランシスコで開催される総会で改選される予定です。 日本からの役員は現在はおりませんが、アジア地区副会長に以下の方が勤められました。

2002−2006年 大島 洋志 元日本応用地質学会会長
1991−1994年 小島 圭二 元日本応用地質学会会長
1972−1978年 田中 治雄(故人) 元日本応用地質学会会長

事務局

Institute of Geology and Geophysics, Chinese Academy of Sciences
No. 19 Beituchengxilu, Chaoyang district, Beijing, 100029,CHINA
Tel./Fax: +86 10 8299 8284, Mobile: +86 13910509506
Email: iaegsg@163.com

定期会議

IAEGは4年ごとに定期会議を開催しています。最近の開催地は以下の通りです。

  • 13thCongress、2018年、アメリカ、サンフランシスコを予定
  • 12thCongress、2014年、イタリア、トリノ
  • 11thCongress、2010年、ニュージーランド、オークランド
  • 10thCongress、2006年、イギリス、ノッチンガム
  • 9thCongress、2002年、南アフリカ、ダーバン

その他、毎年各国のシンポジュウム等に合わせて評議委員会を開催しています。

学会誌の発行

応用地質学分野の論文が掲載されている学会誌「IAEG Bulletin」は、IAEGより年4回発行されています。

日本応用地質学会の国際会員

IAEGは各国のNational Groupの連合的組織であり、わが国では日本応用地質学会の国際会員がIAEGのJapan National Group(IAEG JAPAN)を形成しています。
 IAEG本部や各国グループ、とりわけアジア地域と連携をとり、IAEG JAPANを円滑に運営することを目的として、日本応用地質学会 国際委員会がIAEG JAPAN運営委員会として1974年に設置され運営しています。
 一般社団法人 日本応用地質学会の国際委員になれば、そのままIAEG会員になりますので、会員になられることをお勧めします。

入会申込書

 

IAEG会長報告

IAEG総会

IAEG Congress

IAEG 国際シンポジウム(アジア地域会議等)

JSEG学会誌掲載アーカイプ

第11回アジア地域応用地質学シンポジウム(平成29年11月28日〜30日:ネパール)

第10回アジア地域応用地質学シンポジウム情報