サイトマップ | プライバシーポリシー | 著作権・免責事項 | お問い合せ | English Site

トップページ学会紹介委員会刊行物会員サービスリンク
学会誌「応用地質」のバックナンバーはこちらから

ニューズリストの登録はこちらから

CPDの取得情報はこちらから

令和元年度定時社員総会およびシンポジウム

日時

柏キャンパスまでのアクセス

令和元年6月21日(金)
11:00〜12:00 定時社員総会
13:00〜17:00 シンポジウム
17:15〜19:15 意見交換会

会場

東京大学柏キャンパス 新領域環境棟FSホール
千葉県柏市柏の葉5-1-5
柏キャンパスへのアクセス(東京大学のホームページ)
つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス駅」から,東武バス(西柏04または西柏03)「東大前」または「東大西」停留所下車.
※詳細は,東京大学のホームページをご確認ください.

定時社員総会

総会の構成員は役員および代議員ですが,当学会員であれば総会を傍聴することができます

シンポジウム

テーマ:「頻発する自然災害にどのように備えるか−役立つ災害地質の知識−」

参加費(予稿集代を含む)

正会員3,000円,学生会員2,000円(予稿集代を含む)
 受付で会員証の提示にご協力くださいますようお願いいたします.

意見交換会

会 場:東京大学柏キャンパス内「プラザ憩い」
参加費:5000円

CPDH

3.5時間(シンポジウムを聴講の場合)
CPDの登録にはジオ・スクーリングネット(https://www.geo-schooling.jp)をご活用ください

プログラム

1.シンポジウム開催の趣旨

日本応用地質学会災害地質研究部会では,自然災害の発生に伴い,学会調査団の1員として現地調査を行ってきた.また,その調査に際しては日本地すべり学会と協力して活動をおこなってきた.本シンポジウムは,それらの経験を生かして,近年頻発する自然災害にどのように備えるかについて,最近の自然災害調査を総括したうえで,役立つ災害地質の知識について発表を行い,災害地質に関する研究成果を会員ひいては社会に還元することを目的とする.話題提供では,100名以上の死者が出た西日本豪雨災害(平成30年7月豪雨)について平成30年7月西日本豪雨災害調査団が取りまとめた成果(※)を中心に報告し,あわせて平成30年北海道胆振東部地震の調査結果の報告を含めて,頻発する自然災害にどのように備えるかを討論する.
(※当日は「平成30年7月豪雨災害(西日本豪雨災害)調査団報告書」を販売します(会員価格:4000円を予定))

2.プログラム

シンポジウム「頻発する自然災害にどのように備えるか−役立つ災害地質の知識−」
13:00〜13:05 開会の挨拶:災害地質研究部会長 稲垣秀輝(株式会社環境地質)
 第1部 特別講演
13:05〜14:05 特別講演「空からみる地形災害・地すべり地形」
  日本地すべり学会会長 八木浩司(国立大学法人 山形大学)
 第2部 話題提供1
14:05〜14:25 「西日本豪雨災害報告−中国地方土砂災害−」
   調査団中国四国支部 加藤弘徳(株式会社荒谷建設コンサルタント)
14:25〜14:45 「西日本豪雨災害報告−四国地方土砂災害−」
   災害地質研究部会 西山賢一(国立大学法人徳島大学)
14:45〜15:05 「西日本豪雨災害報告−岡山の洪水災害−」
  応用地形学研究部会 品川俊介(国立研究開発法人 土木研究所)
15:05〜15:15 休憩
 第3部 話題提供2
15:15〜15:35 「平成30年北海道胆振東部地震報告−テフラ地帯の斜面崩壊−」
   北海道支部 伊東佳彦(国立研究開発法人 土木研究所 寒地土木研究所)
15:35〜15:55 「類似の災害と「やや不自然な自然災害」」
   災害地質研究部会 高見智之(国際航業株式会社)
15:55〜16:15 「ハザードマップの作り方と減災のためのアウトリーチ」
   災害地質研究部会 松澤 真(パシフィックコンサルタンツ株式会社)
16:15〜16:20 休憩
 第4部 パネルディスカッション
16:20 〜17:00 テーマ「頻発する自然災害にどのように備えるか」
  座長:災害地質研究部会長・災害調査団 副団長 稲垣秀輝(株式会社環境地質)
  パネリスト:特別講演者・話題提供者
17:00〜17:05 閉会の挨拶:西日本豪雨災害調査団 団長 鈴木茂之(国立大学法人 岡山大学)

講演概要

シンポジウム講演

「西日本豪雨災害報告−中国地方土砂災害−(広島県の状況)」

調査団中国四国支部 加藤弘徳(株式会社荒谷建設コンサルタント)

平成30年7月豪雨災害において,広島県では広島花崗岩類と高田流紋岩類の分布域で多くの土石流が発生した。中国四国支部ではこれまでに両地質における災害状況の違いに着目した現地調査を行い,土石流の流下状況や発生土砂の性状,および被害状況等に関して,地質・地形の観点でいくつかの特徴(個性)が見出されることを確認した。これまでの調査結果とそれに基づく考察をとりまとめ,報告する。

「西日本豪雨災害報告−四国地方土砂災害−」

災害地質研究部会 西山賢一(国立大学法人徳島大学)

平成30年7月豪雨により,四国では愛媛県を中心として全県で土砂災害が発生した.愛媛県宇和島市周辺では,総雨量500mm程度の豪雨により多数の斜面崩壊が発生したほか,高知県大豊町では,総雨量1,000mmを超える豪雨で発生した斜面崩壊により高速道路の橋梁が落橋した.日本応用地質学会平成30年7月豪雨災害調査団四国班は,宇和島市周辺を中心に,四国で発生した斜面崩壊に関する検討を進めており,今回はその結果を紹介する.

「西日本豪雨災害報告−岡山の洪水災害−」

応用地形学研究部会 品川俊介(国立研究開発法人 土木研究所)

高梁川支流小田川およびその支流の破堤による浸水被害は,西日本豪雨最大の被害をもたらした.このほか,岡山市内の砂川での破堤災害でも大きな浸水被害が生じた.本報告では,小田川流域や砂川の洪水災害について,災害の地形・地質的な背景や被災状況を概説する.

「平成30年北海道胆振東部地震報告−テフラ地帯の斜面崩壊−」

北海道支部 伊東佳彦(国立研究開発法人 土木研究所 寒地土木研究所)

2018年9月6日に発生した北海道胆振東部地震は、マグニチュード6.7,最大震度7(厚真町)を記録した。数千カ所以上という多数の土層すべりが発生し、地震による死者42名のうち36名がその犠牲となった。土層すべりの多くは樽前火山から9,000年前に降下したテフラであるTa-dを基底としていた。日高幌内川では巨大な岩盤すべりが発生し、河道を閉塞した。このほか、百カ所以上の岩盤すべりが航空レーザ測量結果から読み取れた。これらについて、現在までに得られた知見を報告する。

「類似の災害と「やや不自然な自然災害」」

災害地質研究部会 高見智之(国際航業株式会社)

近年頻発する豪雨や地震による災害では、地域特性を反映していて多様な形態が表れている。しかし、異なる地域の災害でも何らかの共通点を見ることが多い。類似した地形地質条件の下では類似の災害が発生するのではないか。また、人間社会にインパクトを与える自然現象が自然災害とされているが、人間活動も自然環境に大小のインパクトを与えている。災害とは自然現象と人間社会の相互作用と捉えるべきではないか。このような観点から防災減災に取り組むべきではないか。このような問いについて近年の事例を報告する。

「ハザードマップの作り方と減災のためのアウトリーチ」

災害地質研究部会 松澤 真(パシフィックコンサルタンツ株式会社)

ハザードマップとは、自然災害による被害を予測し、その被害範囲を地図化したものである。ハザードマップの対象は、地震・津波、洪水、土砂災害、火山があるが、本稿では土砂災害を対象として、従来の土砂災害ハザードマップの問題点と、長野県辰野町にて作成した、広域の土砂災害ハザードマップと、住民参加型の個別地区のハザードマップの作り方について紹介する。