本文へスキップ

研究発表会・技術交流会・現地見学会 2014〜


【結果報告】令和元年度(2019)技術交流会・災害地見学会


令和になり初めての技術交流会は岐阜県下呂市で平日に開催しました.
下呂市での開催は,技術交流会翌日の平成30年7月豪雨災害の災害地見学を念頭においたものです.
また,平日での開催は参加者が参加しやすくなることを期待してのことです.
その甲斐あって,災害地見学は学生さんも含め30名の方に参加いただきました.

参加いただいた皆様,また運営にご尽力いただいた方々に厚くお礼申し上げます.
当日の様子をご紹介いたします.

【技術交流会】

<概要>
期 日:令和元年6月13日 (木) 13:00〜17:00
会 場:岐阜県 下呂温泉 ホテルくさかべ アルメリア
プログラム:
  1. 13:20〜13:50 千葉県勝浦市に見られる海底地すべりによる変形構造
     ○上野 紘太郎(川崎地質株式会社)
  2. 13:50〜14:20 崩壊斜面の災害復旧を目的とした調査事例
     ○武田 開(国際航業株式会社)
  3. 14:20〜14:50 雪渓上を長距離移動した地すべり移動体
     ○日野 康久(株式会社環境総合テクノス)

    14:50〜15:00 休 憩(10 分)

  4. 15:00〜15:30 豪雨で発生した切土のり面のトップリング性変状
     ○加藤 靖郎(川崎地質株式会社)
  5. 15:30〜16:00 平成30年7月豪雨,岐阜県飛騨市下数河地区の崩壊
     ○居川 信之(株式会社エイト日本技術開発)
  6. 16:00〜16:30 平成30年7月豪雨によるJR高山本線桂谷土石流災害
     ○地主 卓弥(ジェイアール東海コンサルタンツ株式会社)
  7. 16:30〜16:55 平成30年7月豪雨,および北海道胆振東部地震で発生した崩壊における 斜面切土の影響
     ○永田 秀尚(有限会社風水土)

技術交流会では,発表者が「伝えたいこと」を十分に伝えられるように,また,聴講者は「聴きたいこと」を十分に聴くことができるように,発表・質疑応答の時間は30分としてあります.また,少々の時間オーバーも許容しフランクな場としています.


吉田支部長の挨拶で開会です.


上野 紘太郎氏の「千葉県勝浦市に見られる海底地すべりによる変形構造」


武田 開氏の「崩壊斜面の災害復旧を目的とした調査事例」


日野 康久氏の「雪渓上を長距離移動した地すべり移動体」


加藤 靖郎氏の「豪雨で発生した切土のり面のトップリング性変状」


居川 信之氏の「平成30年7月豪雨,岐阜県飛騨市下数河地区の崩壊」


地主 卓弥氏の「平成30年7月豪雨によるJR高山本線桂谷土石流災害」


永田 秀尚氏の「平成30年7月豪雨,および北海道胆振東部地震で発生した崩壊における 斜面切土の影響」


全ての発表において活発な議論がなされ,発表者,聴講者ともに理解が深まったのではないかと思います.

【災害地見学会】

岐阜県下呂市の金子谷は,平成30年7月豪雨にて土砂が流出し,JR高山線や近辺の住宅に被害をもたらしました.
現在は復旧工事中ですが,その様子も含めて見学させていただきました.
見学許可をしていただいた関係者の方々に,この場をお借りしてお礼申し上げます.


金子谷の様子です.
崩壊斜面が確認でき,対策工事中であることがわかります.


本日の参加者です.
学生さんからベテランまで参加していただきました!


現地では,日本応用地質学会中部支部の災害調査団より現地の説明をしていただきました.
当日は学生さんも多く参加されたので,配布資料には白地図,現段階での調査結果を記した地図などを添付し,踏査の説明もさせていただきました.


参加していただいた皆さん,ありがとうございました!!

2019年6月17日 (Y.H.)

平成30年度(2018)技術交流会・講演会・意見交換会【結果報告】


技術交流会・講演会・意見交換会ともに無事終了いたしました.
参加いただいた皆様,また運営にご尽力いただいた方々に厚くお礼申し上げます.
当日の様子をご紹介いたします.

【技術交流会】

<概要>
期 日:平成30年6月22日 (金) 10:00〜15:00
会 場:名古屋大学博物館 講義室
プログラム:
  1. 10:05〜10:35 応用地質学の立ち位置と課題
     ○永田 秀尚((有)風水土)
  2. 10:35〜11:05 長野県 中坊温泉における珪華の形成過程について
     ○増田 雄一(川崎地質株式会社)
  3. 11:05〜11:35 長尺ボーリングを想定した重金属溶出判定可否の検討
     ○山田 優子(国際航業株式会社)
  4. 11:35〜12:05 大分県守江湾の底質環境の評価と時間空間的変化
     ○高橋 潤(川崎地質株式会社)

    12:05〜13:00 休 憩(55 分)

  5. 13:00〜13:30 衛星SARデータによる地すべり変動の検出
     ○鬼頭 雄也(中部地下開発株式会社)
  6. 13:30〜14:00 三波川結晶片岩の地質構造とその土木地質的特性
     ○伏木 治(サンコーコンサルタント株式会社)
  7. 14:00〜14:30 地質リスクマネジメントに関する話題
     ○藤原 協(国際航業株式会社)
  8. 14:30〜15:00 地層処分 −基本的考え方と地球科学的課題−
     ○吉田 英一(名古屋大学博物館)

技術交流会では,発表者が「伝えたいこと」を十分に伝えられるように,また,聴講者は「聴きたいこと」を十分に聴くことができるように,発表・質疑応答の時間は30分としてあります.また,少々の時間オーバーも許容しフランクな場としています.


吉田支部長の挨拶で開会です.


応用地質の未来についてや,珪華の抽出,重金属,湾の環境,干渉SARの活用事例,三波川の土木地質,地質リスク,地層処分,多岐にわたる発表をして頂き,そして活発な質疑応答がなされました.

【講演会】

「リモートセンシングによる地質・植生・都市の観測」の演題で 山口靖教授(名古屋大学大学院環境学研究科)にご講演していただきました.


衛星から得られた画像を解析することで,本当に様々なこと(地質,植生 etc)が分かるということでした.広域的な調査には非常に有効な手段だということを勉強させていただきました.

【意見交換会】

名古屋大学内の「花の木」にて立食形式の意見交換会を行いました.


技術交流会では聞けなかったことや,今後の学会運営方針のヒントなど,食事(お酒?)を前にすることで様々な意見交換が円滑になります.
人脈形成や最新技術の動向を気軽に聞けるといった重要な場ですよ!
みなさま,特に若手の方は是非参加してくださいね.

2018年07月02日 (Y.H.)


平成30年度(2018)現地見学会【結果報告】


11月10日に行われました現地見学会の様子をご紹介いたします。

今年度は、技術交流会(研究発表会)と異なる日程で行いました。天気予報も直前に代わり、雨に降られず最新の研究内容を現場で聞くことのできる貴重なものとなりました。
見学会の講師をしてくださった名古屋大学の竹内教授、(有)風水土の永田さん、準備をしてくださった役員、参加してくださった皆様、ありがとうございました。

<概要>
【11月10日(土)】三重県 松阪駅集合・解散
時間:8:00〜16:00 場所:三重県松阪市 櫛川周辺

簡単にですが,当日の様子をご紹介いたします。
本日の見学会は、stop1、stop2、stop3、stop4の4ヶ所ですが、stop1〜3は三波川変成岩を変成度の高いほうから低いほうへと順番に見ていくものです。stop4は地すべりの対策工事後の場所を見てきました。
写真を多めに載せますので、変成度の違いなどにも注目しながらもご覧ください。

【stop1】


最初の露頭です。心が洗われるような景色の場所でした。


露頭を前に、竹内先生から最新の研究成果を交えてご説明いただきました。
私が学んだ〇〇年前の知識は古くなっている事が分かりました。
今日のような見学会に参加しなければ、いつまでも古い知識のままでした。現在の仕事に関する知識(私の場合は斜面災害)は、常に最新の情報を得ようとするのですが、専門外ですとそうはいきません。
このような見学会に参加すると、短時間で様々な知識を吸収できるため大変お得です。

【stop2】


こちらも綺麗な場所でした


現地で質問し、それに対して説明をしていただけるのは大変に貴重です。

ですが。。。。。


上から眺めると、BBQをするでもなく河原に大人が集まっています。
周囲の方からはどのように見えていたのでしょうか。。。。

【stop3】


こちらもステキです!


この地点での説明を一通り聞いた後は、それぞれで見学です。


stop1から比べると変成作用が進んでいないことが分かりますね.
変成岩をじっくり観察したなんて何年ぶりだろうか....

【stop4】


こちらは2004年の台風21号により被災した宮川水系の地すべりです。
現在は対策工事も終わっているのですが、被災当時の調査や対策工検討のための調査などのデータも交えて説明していただけました。


対岸にも地すべり地形が。。。。。

この辺りは林業が大変に盛んで、標高のかなり高いところでも軽トラックが走っていました。
詳しい方に聞くと、このあたりは伊勢神宮のお宮を建てるための木を育てておられるようです。
そのため、「宮」川と名付けられたんだとか。へぇ〜。


地すべり地を前に参加者で記念撮影をしました。
天候にも恵まれ、大変充実した見学会となりました。

お忙しい中、準備から案内までしていただいた竹内教授、永田さま、役員の方々,本当にありがとうございました。
また、参加していただいた皆様にも感謝申し上げます.

2018年11月20日 (Y.H.)


平成29年度(2017)技術交流会・講演会・意見交換会【結果報告】

10月20日,21日に行われました,技術交流会・講演会・意見交換会・現地見学会の様子をご紹介いたします。
この2日間は雨との予報でしたが両日とも雨に降られることなく,皆様にご協力もあって,どなたもケガをすることなく無事に終えることができました。
ありがとうございました。(文末にアンケート結果を追記 2018年1月20日)

<概要>

【10月20日(金)】富山県民会館
技術交流会:13:10〜15:45(6編の発表をしていただきました)
講 演 会:15:55〜16:55
演題:ジルコンという鉱物から見た日本列島形成の歴史
意見交換会:17:00〜19:30頃

【10月21日(土)】 富山駅南口周辺集合・解散
現地見学会:8:00〜18:00
場所:立山室堂周辺

簡単にですが,当日の様子をご紹介いたします。

■技術交流会の様子


日本応用地質学会 中部支部長 吉田教授の挨拶で開幕です。


技術交流会・発表の様子です。多くの方にお越し頂き活発な議論を交わして頂きました。
技術交流会では,質疑応答の時間を多めに取ることで,参加者の知見を広げられるよう工夫しております。



■講演会の様子

「ジルコンという鉱物から見た日本列島形成の歴史」とい演題で,富山大学の大藤教授(日本地質学会 中部支部長)よりお話しいただきました。


ジルコンという鉱物(砂粒)を利用して,日本列島の形成について考察するというお話しでした。
もちろんジルコンという鉱物だけに頼って考えるのではなく,地質構造,岩石などなど,幅広い分野にまたがって日本列島形成の歴史を考察し,そこにジルコンの年代測定値を考慮するという,時間的・空間的に大変大きなスケールのお話しをしていただきました。

(ちなみに,大藤先生は私の恩師でございますが,学生時代にはこのような大きなスケールの研究をされていることは理解できず....
自分の勉強不足を痛感いたしました)

今回の技術交流会等につきましては,日本地質学会 中部支部に後援いただく初のイベントとなりました。その記念すべきご講演に,日本地質学会中部支部長の大藤先生をお迎えできたことは大変,光栄なことでした。

大藤先生,貴重なお話しをありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。


■意見交換会の様子


日本応用地質学会 中部支部副支部長の奥村氏より乾杯のご挨拶をいただきました。


美味しい料理・お酒を囲んで,交流していただきました。


締めのご挨拶は,日本地質学会中部支部長の大藤教授にお願いいたしました。

余談ですが,写真奥にポスターが見えます。これはポスターなどを話のネタにしていただき,交流を深めたり議論を交わしたりしていただくために掲示したものです。



【技術交流会・講演会のアンケート結果】 (2018年1月20日追記)

◎技術交流会・講演会を何で知ったか?
  1.クチコミ……………………………39%
  2.日本応用地質学会中部支部ML…28%
  3.中部支部ホームページ……………17%
  4.地質学会からの案内………………11%
  5.中部地質調査業協会ML…………5%
             (ML=メーリングリスト)
◎参加した感想
  1.役に立った………70%
  2.まあ役に立った…30%

参加していただくことで,「何かしらの役に立った」という感想をもっていただいたようで本当に良かったです。

平成29年度(2017)現地見学会【結果報告】


■現地見学会の様子


立山火山の噴出物を前に,石崎准教授にご説明頂きました。


火山噴出物から想定される当時の噴火の様子など興味深いお話しをしていただきました。
立山火山は,最近の火山活動の様子から,常時観測対象火山となっています。
火山災害を減災するために,地質学・応用地質学は欠かせないものとなっていることを再認識しました。
また,このような技術交流会や現地見学会に参加することで,通常業務では学ぶことのできないことを学ぶことができ,大変重要な機会であると思いました。
学会員になることは会費以上に得られるものがあります。Priceless!


室堂平ではみなさんで記念撮影をしました。
台風の影響が心配されましたが,帰路につくまで雨に降られることはありませんでした。
これも参加して頂いた皆様,準備して頂いた幹事の方々の日頃の行いが良かったおかげかと.....

石崎先生,お忙しい中,ご案内していただき本当にありがとうございました。

参加頂いたみなさま,本当にお疲れ様でした。
ありがとうございました。


【現地見学会についてのアンケート結果】 (2018年1月20日追記)
◎現地見学会を何で知ったか?
  1.日本応用地質学会中部支部ML…46%
  2.クチコミ……………………………38%
  3.地質学会からの案内………………8%
  4.中部地質調査業協会ML…………8%
             (ML=メーリングリスト)
◎参加した感想
  1.役に立った………100%


 現地見学会については,全員が「役に立った」という感想をもっていただきました。
 御嶽山の噴火を契機に火山活動に対する社会の関心が非常に高まりました。それにともない火山に関する専門知識を持った地質技術者のニーズが高まってきています。。
 しかし,業務で火山に携わることは大変に希であるため,今回のような現地見学会は参加者にとって大変有益なものとなったのではないかと思います。あくまで推測ですが,その結果がアンケートに表れたのではないでしょうか。
 今後も,技術交流会や現地見学会,講習会では最新技術や世の中のニーズに見合ったものを開催していきたいと思いますので,引き続きよろしくお願いいたします。

(Y.H.)

2017年10月24日

平成28年度(2016)技術交流会・講演会・意見交換会【結果報告】

技術交流会・講演会・意見交換会ともに無事終了いたしました. 参加いただいた皆様,また運営にご尽力いただいた方々に厚くお礼申し上げます. 昨年度までは「研究発表会」と題しておりましたが,今年度より「技術交流会」と名称変更し,ディスカッション時間を増やしました. そのため,活発な議論を交わすことができました. また,発表者も学生からベテランまで幅広かったため,様々な方に充実したものとなりました. 当日の様子を簡単にご紹介いたします.


開会の挨拶:日本応用地質学会 中部支部長より
参加人数は30名程度でした.


基調講演の様子.日本応用地質学会 脇坂会長に基調講演をしていただきました.
演題は「地質におけるリスクと観察の理論負荷性」です.大変興味深いお話しでした.ありがとうございました.


技術交流会:発表・質疑応答の様子.今回は6編の発表をしていただきました.


講演会・技術交流会が終わった後は,意見交換会を行いました.
和やかな雰囲気の中,所属の違う技術者が様々な意見を取り交わしました.
これは,応用地質学の発展のために大切な時間です.

(Y.H.)

2016年10月25日


平成27年度(2015)日本応用地質学会 中部支部 研究発表会【結果報告】

研究発表会
【日時】 9月17日(金)10:00-14:00
【場所】 名古屋国際会議場 2号館

特別講演会 (全地連技術フォーラム合同開催)
【日時】 9月17日(金)16:10-17:30
【場所】 名古屋国際会議場 2号館
【講師】 基調講演1:金田義行特任教授(名古屋大学減災連携研究センター)
     基調講演2:野田利弘教授(名古屋大学減災連携研究センター研究連携部門)
【講演タイトル】
     基調講演1:南海トラフ巨大地震の備える科学・技術
     基調講演2:外水位が大規模河川堤防の地震時挙動に及ぼす影響に関する
                          空気〜水〜土骨格連成有限変形解析

意見交換会
【日時】 9月17日(金)18:00-19:30
【会場】 名古屋国際会議場 4号館 白鳥ホール

平成26年度(2014)日本応用地質学会 中部支部 研究発表会【結果報告】

研究発表会
【日時】 10月17日(金)10:00-15:00
【場所】 石川県文教会館大会議室

特別講演会
【日時】 10月17日(金)15:10-16:40
【場所】 石川県文教会館大会議室
【講師】 塚脇 真二 先生(金沢大学教授)
【講演タイトル】アンコール世界遺産の開発と保全に関わる諸問題 ーこの20年を振り返ってー

意見交換会
【日時】 10月17日(金)18:00-20:00
【会場】 金沢城公園内 河北門

現地見学会
【日時】 10月18日(土)
【場所】 金沢城公園内石垣めぐり 戸室石の石切丁場跡

研究発表会報告(PDFファイル

2014年10月17日

日本応用地質学会 中部支部

〒451-0045
 愛知県名古屋市西区
   名駅二丁目27番8号
 名古屋プライム
    セントラルタワー
 国際航業株式会社
    中部統括部 気付
TEL 052-747-3116