本文へスキップ

応用地質学講座 (2014〜)

平成30年度(2018) 応用地質学講座【結果報告】

日本応用地質学会 中部支部では、毎年応用地質学講座として地形学やボーリングコアの観察などの座学・実習を行っております。 平成30年はボーリングコア観察ということで実施いたしました。
当日の様子をお知らせいたします。

<概要>
開催日時:平成30年10月26日 (金) 13:00〜17:00
場 所:名古屋大学博物館 講義室
講座名:
「ボーリング柱状図作成およびボーリングコア取扱・保管要領(案)・同解説」改訂点の
                                   説明と留意点
座学およびボーリングコアの観察
対 象:地質・土木技術者(学会員以外からも参加していただきました)
講 師:照屋 純(ボーリング柱状図標準化委員会委員(全地連),中部支部役員等  

当日は、前半に座学を、後半に実習を行いました。 実習では、ボーリングコアが掘り出された直後から観察までをイメージして、コアパック(ボーリングコアを包んでいるビニール)を剥がして、コアを洗浄するところから体験していただきました。 実習では、様々な方からのご厚意でコアを提供していただきました。この場をお借りしてお礼申し上げます。


さて、実習風景です。 座学の写真は撮影し忘れましたので、いきなり実習中の写真からです。 概要説明の後、それぞれに柱状図を作成していただくことを最終目標として、各々観察していただきました。


まずはコアパックを剥がして、コアの洗浄からです。


講師に説明してもらいながら観察の仕方を教わっています。


柱状図を作成中は、受講者がいつでも質問できるように、講師陣は巡回しています。 業務で日常的にボーリングコアの観察の機会はあるものの、観察の仕方などを丁寧に教えてもらう時間がない、というのが実情かと思いますので、このような機会が皆様のお役に立てれば幸いです。


<アンケート結果>
参加していただいた方々に記入していただいたアンケート結果をお知らせいたします。






【結果報告】平成29年度(2017) 応用地質学講座


開催日時:平成29年6月16日(金)10:00〜17:00
場 所:名古屋大学博物館 講義室
講座名:応用地形判読講習会(座学および実体視鏡での観察)
講 師:梅本和裕(中部支部,国際航業(株))
    小野田 敏(本部・応用地形研究部会,アジア航測(株))
    小林 浩(本部・応用地形研究部会,朝日航洋(株))
    永田秀尚(中部支部・応用地形研究部会,(有)風水土)
CPDH:5.0
参加者:会員40名

今年度は,初心者向けの地形判読技術の講習を行いました。
地形判読技術は,地形図を読図することで地面の下の情報を推測することができるというものです。
近年は「応用地形判読士」資格の設立など,その重要性を再認識する動きが高まってきているようです。
ですが,業務として地形判読を行うことが少なく,また地形判読技術者も少ないために,学ぶ機会の少ない若手技術者の育成ということで,今回の講習の題目といたしました。
講習会参加の募集を開始してから10日ほどで定員に達したことからも,注目の高さがうかがえました。
今回は地形判読に長けた講師陣のもと,実技を取り入れた講習を行いましたので,その様子を紹介いたします。

【本日のスケジュール】
10:00 〜 10:20 はじめに
10:20 〜 12:00 2.5万分の1地形図の判読
12:00 〜 13:00 昼休み
13:00 〜 14:55 空中写真判読
14:55 〜 15:05 休憩
15:10 〜 16:40 高精度地形図の判読
16:00 〜 17:00 まとめ・質疑応答
17:30 〜 交流会


吉田支部長の挨拶で開会です。


2.5万分の1地形図の判読です。まずは講義を受けていただきました。


講義の後,実際に地形図の読図を行っていただきました。
実技中は講師の方が巡回し,疑問点などがすぐに質問できる状況で行っていただきました。。
(個人的には,このように恵まれた環境で地形判読が学べる参加者の方々が大変羨ましかったです!)


お昼休み後は,空中写真判読の講義と実技でした。
空中写真判読は,裸眼での立体視ができるかなどでグループ分けをし,各々のレベルが近い方々で実技を行って頂きました。


空中写真は,立体視をするときに並べる方向や向きがあるという基本的なことも学んで頂きました。


さて,本日の最終講義は「高精度地形図の判読」です。
昨今,航測会社さんが「いかに見やすい地形図を作るか」ということに注力して頂いております。
そのおかげで,様々な地形を読み取りやすい地図ができてきており,その中の一つを用いて講義を行って頂きました。



地形判読に関する基本的な講義と実技をおこなっていただき,あっという間に終了の時間となりました。
中には,実技の時間が物足りなくて二日間やっていただきたいとの声もあり,企画・運営側としては大変嬉しいお言葉であったとともに,裏を返せば時間が足りなかったのかな,と反省いたしました。

参加してくださった方々にはお礼を申し上げるとともに,是非とも今後の業務に活かして頂けるようお祈りいたします。

また,お忙しい中,講習会の資料を準備し,講師を引き受けてくださった講師の先生方には厚くお礼申し上げます。

加えて,会場の手配,実体視鏡の準備等々に奔走して頂いた中部支部役員の方々,本当にお疲れ様でした。



さて,こういった講義の場ではどうも質問しにくい,もう少し講師の方にお話を伺いたい,という事もあるかと思い,今回は懇親会を開催することにいたしましたので,その様子もお知らせいたします。


吉田支部長に乾杯の音頭を取って頂きました。
たくさんの若手技術者に参加して頂き,本当にありがとうございました。


さて,お気づきの方もおられるかもしれませんが,懇親会の会場や講義室の壁には何枚かのポスターが掲示されています。
これらは講師の方々が学会発表されたポスターや,地形に関する最近のポスターです。

懇親会では,このポスターの解説や議論をしていただき,さらに地形に関する知識を習得できるようにしてみました。

実は,このポスターで取り上げられている場所(地形)は,本日の講習会の題材として取り上げられたものもあり,基本から最新の研究結果まで学べるようになっていたんです。(工夫して頂いた講師の先生,ありがとうございました!)

このように,1日という短い時間ではありましたが,受講者の方々には内容の濃い1日になれば,と思い準備いたしました。
今後は,アンケート結果などをふまえ,より魅力的な講座にしていきたいと考えておりますので,よろしくお願いいたします。



【アンケート結果】(6/24追記)

講習会の参加者に記入して頂いたアンケート結果の一部を掲載いたします。


おおむね好評という結果になりましたが,「もう少し時間が欲しかった」などのご意見もあり,今後の企画に反映させていきたいと思います。
アンケートにご協力頂きまして,ありがとうございました。

2017年06月18日 (Y.H)

【結果報告】平成28年度(2016) 応用地質学講座


開催日時:平成28年7月15日(金)11:00〜16:30
場 所:名古屋大学博物館 講義室
講座名:構造物基礎における岩盤分類の考え方について
    (座学およびボーリングコアの観察)
対 象:初級者(若手地質・土木技術者)
講 師:江口 貴弘(岩盤分類再評価研究小委員会(第二期)
    都築 孝之(同上)
CPDH:4.0 

参加者:会員35名,非会員5名



今回の講座は,関心の高い内容であったことや,メーリングリストを使ったお知らせということもあり,募集から3日で定員に達しました。
加えて,キャンセル待ちの方が5名おられたということで,関係者一同,感謝するとともに募集からもれてしまった方々に申し訳なく思っております。また,参加してくださった皆様にはお礼申し上げます。

当日の様子は以下の写真でご覧ください。


都築講師による講義


江口講師による講義


座学の様子


コア観察実習風景です.大盛況ですね!


講師が巡回していますので,疑問に思ったことをその場で質問することができます.
このような機会はなかなか無いと思います.

参加者からのアンケート結果はおおむね好評でした。

ありがとうございました。

(Y.H)

2016年07月15日

【結果報告】平成27年度(2015) 応用地質学講座



平成27年度 応用地質学講座
応用地質学講座
【日時】 10月2日(金)10:00-15:00
【場所】 岐阜県丸山ダム湖畔
【テーマ】 斜面の土木地質的な見かた

2015年10月02日

【結果報告】平成26年度(2014) 応用地質学講座



応用地質学講座
【日時】 6月13日(金)10:00-16:30
【場所】 名古屋大学博物館 講義室
【テーマ】 地下水の調査解析方法

応用地質学講座(PDFファイル

日本応用地質学会 中部支部

〒451-0045
 愛知県名古屋市西区
   名駅二丁目27番8号
 名古屋プライム
    セントラルタワー
 国際航業株式会社
    中部統括部 気付
TEL 052-747-3116